教習資格認定申請をするなど、クレー射撃をおしゃれに楽しみたい

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

教習資格認定申請をする

初心者講習に合格!!!



次の段階は、教習射撃(実地試験)を受けるためにね、
「実地試験を受けてもいいですよ」っていう認定なんだね。
実地試験では実際に実銃を撃つことになる。



要は、教習射撃を受けるための申請ってこと。
この申請で、僕が「銃を所持してもいい人物かどうか」を調査されることになるらしい。



所轄警察署で次の段取りを教えてもらいながら、
「この書類書いて、あとこれだけ揃えて持ってきてね。」と。


なんだか沢山の書類がいるんだよ。
・教習資格認定申請書
・医師の診断書
・戸籍抄本
・住民票
・講習終了証明書のコピー
・経歴書
・同居親族署
・写真
・印鑑


診断書は、(当時は)行きつけの医者のところで「銃砲関係の診断書」といって書いてもらった。
現在は精神科の医者じゃないとだめなんだけど、当時は内科医でよかったのです。
麻薬使用者とか精神疾患とかそんなことは無いですよって言う診断書。
経歴書は、過去10年間の経歴・勤務先を記入。裏面には犯歴を記入。


こんなものを書いたり、取り寄せたり、取りにいったりするだけで1週間ほどかかってしまったよ。


そして、揃えた書類を持って、警察署に行きます。


担当官に漏れがないかどうかチェックしてもらって、提出した。



教習射撃を受ける資格があるかどうかの調査(身辺調査)をこれから1ヶ月半ほどかけてやるんだって。


「実家や会社、近所にも調査にいったり電話したりするからね。大丈夫?
あらかじめ実家や会社には言っておいた方が良いですよ。
ひと月半ぐらいで結果出るからね。」って。


そしてね、この教習射撃を受けて良いかどうかの審査だけの申請費が、8,900円!!


こっちがお金払って調べてもらうんだ!?
そういうことを調べるのってお仕事じゃないの?って思うのだけど、
自分の趣味のために警察を税金で動かしちゃいけないってことなんだなと、賢い僕は悟ったのさ。



鉄砲の免許をとるって、ずいぶん長い道のりなんだなぁって思う。

 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!
関連記事
TOPクレー射撃を始める!教習資格認定申請をする

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

すごいですね。これくらい審査をしているから世界一安全な国に
暮らしていられるのでしょうか。
その神話も崩れかけていますが。
ゴルゴが免許証を持ち歩いて狙撃しているのを想像すると笑えますね。

これからも立ち寄らせていただきます。
nitchmo at 2013/07/31(水) 17:28 | URL

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://fashionableclay.blog.fc2.com/tb.php/8-6ed843fc
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © クレー射撃をおしゃれに楽しみたい All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。