始めるきっかけは?など、クレー射撃をおしゃれに楽しみたい

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

始めるきっかけは?


クレー射撃やってみたいなって、居ても立ってもいられなくなった。


レーザークレー射撃の体験からすでに、10年ぐらい経っていたかなぁ。
だから、レーザークレーが引き金になった訳ではないね。


とある店の店主が射撃も猟もやる人でね、
そりゃあ面白そうに猟の話や射撃の話をしてくれてね。


「そんでよぉ、日の出と共に猟が開始になるんだけどな、その沼で寝ている鴨を撃つために、漁師がぐるっと沼を囲んでんだよ。
そして、日の出の時刻と同時にな、みんなが一斉に撃ち始めてよぉ」
って感じで語るのさ。


「一斉に撃ち始めるから、まるで戦場だよ。散弾粒がザーって降ってくるんだよ。え?、ああ、向こう岸から撃ってくるのは距離が離れてるからさ、威力なんか無いんだよ。だけど気分良くないぜぇ。そおするとさぁ、鴨がびっくりして飛び立つだろ、それをまた皆んなで撃つんだよ。
当たってもさ、誰が撃ったんだかわかんネェよ。」ってな感じ。


ほんとの話かどうかは知らん。でも興味津々だったね。


そして、クレー射撃の話になると、
「クレー射撃ってのはさ、上下2連で撃つんだよ。
いるよ、自動銃で撃ってる奴も。でも中たんねぇな、自動銃じゃ。
やっぱり競技をやるんなら上下2連じゃないとだめだ。
またさぁ、かっこいい奴がいるんだよ。撃ち終わってさ、銃を開けるだろ、するとエジェクターってのが付いていてさ、空薬莢がポーンと飛び出してくる仕掛けになってんだよ。」


え、レーザークレーは自分で引き出したんだけど。。
ってことは、テレビで見る拳銃で薬莢が自動的に飛び出してくるみたいに、飛び出てくるのか。
なんてカッコいい。。。


「その飛び出してきた薬莢をな、右手でパシュって掴んで、捨てるんだよ。
ほとんどの奴が飛び出る薬莢を後ろに撒き散らかしてるけどな、それが出来るとカッコいいぜ。」

shootinggeneral.jpg


へぇ。。それがカッコいいんだ。


「そんでな、弾をさベストのポケットに沢山入れておくんだけどな、ポケットから出すときに、2個とも同じ方向を向けてさ、要は雷管の付いてる方を手のひら側だな、それを親指と人差し指中指の三本で持って、薬室にシュパッと叩き込む。一個ずつもたもた入れるんじゃねぇんだよ。2個まとめてシュパッといれる。」



うぉーっ、カッコいい!!




そんな話を聞いていたらさ、無性にやりたくなってきた。

やりたい! やりたい! やりたいよ! ねえ、どおしたら始められるの?



「んじゃぁ、その通りの向こうにある鉄砲屋に、俺の紹介だって言って、行ってみな。」


子どものころから、やりたいとか、欲しいとか思ったらすぐじゃないと気がすまない僕は、その店主に言われるまま鉄砲屋さんに飛び込みました。

 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!
関連記事
TOPクレー射撃を始める!始めるきっかけは?

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://fashionableclay.blog.fc2.com/tb.php/3-ff419c14
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © クレー射撃をおしゃれに楽しみたい All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。