装弾(実包)の重さなど、クレー射撃をおしゃれに楽しみたい

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

装弾(実包)の重さ


装弾の中に入っている散弾(基本的に鉛の粒)は、重さで表します。って話しを「装弾(実包)の無許可消費数・可能保管数って?」で書いた。


現在のクレー射撃における主流は(公式ルールでは)24gです。



僕が始めた頃は、32gが主流でした。
24gに慣れてしまった今では、32gの装弾を撃つにはかなりの勇気が必要かも。。
だって、3割強も粒数が多いってことは、反動もそれだけ大きいってこと。


重さと反動が正比例するのかどうかは知らないけれど、単純に考えれば、約3割も反動が多いってことになるのかな。
だから、32gが主流だった頃のグリップと、今24gが主流の時代のグリップの形状が違うんだろうね。
32gのころのグリップは寝ている感じ。
そして、24g主流のグリップはピストルのように立っている。
グリップを握る手への負担を逃がすための設計なんだろうな。



32gから28gに変更され、さらに24gへ。
何でかな。
グラム数が小さければ小さいほど、装弾に装填される粒数は減るわけで。
粒数なんで多ければ多いほどあたりやすいのにね。



世界のトップ選手達の力の差が無くなってきたために、装弾のグラム数を減らして、難易度を上げたという話しも聞いたことがある。
環境問題に配慮してという話しも聞いたことがある。



まあ万年○クラスの射手にはあまり関係のない話し。




装弾を運ぶ時もそれなりに重い。
32gの時代の大箱(500個)は、約22kgにもなった。
24gだって大箱で約18kgもあるんだから。



でも、射手の皆さんは車で移動する人がほとんどなのであまり気にならないか。
中には、公共交通機関で射撃に出かける方もいますね。
そんな方々は、皆さん出掛けた先の射撃場で購入していますね。



公共交通機関での装弾の持ち運びには、運べる数量の限度があります。
電車では200個まで。
バスでは50個まで。
飛行機は5kgまでなので、約138個くらい。



射撃場に行くのに、バスと電車を乗り継ぐ場合は50個しか運べないということ。
やはり公共交通機関で行く時は、射撃場で購入するしかないですね。
 
 
 
※イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!
関連記事
TOPクレー射撃ってどんなん?装弾(実包)の重さ

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://fashionableclay.blog.fc2.com/tb.php/23-e2337dd6
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © クレー射撃をおしゃれに楽しみたい All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。