クレー射撃をおしゃれに楽しみたい

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレー射撃の集中力維持には水分補給が大事です。


熱中症の予防に水分補給は不可欠だ。
初夏から秋口にかけては非常に暑い中での射撃だから、あっという間に水分不足になる。
クレー射撃数ラウンドの練習で足が疲れてしまうという人は、基礎体力の問題もあるかもしれないが、
水分不足で血液が粘っている可能性有りだ。


水分補給は大事だ。
単にのどの渇きを潤すためだけのものではないですね。

特に初夏から秋口にかけては非常に暑い中でのクレー射撃なので、あっという間に水分不足になる。
人間の体はほとんどが水でできていて、成人で体重の約60%から65%、高齢者では50%〜55%を占めている。

そしてまた、体内の水分はナトリウム(塩分)が入っていて、血液を通して体の水分調整を行っている。
このナトリウムが不足すると水分調整ができなくなって、脱水症状や熱中症を引き起こすことになる。
だから、夏場は水分補給だけじゃなくて塩分の補給も大事だ。

数ラウンドの練習で足が疲れてしまうという人は、基礎体力の問題もあるかもしれないが、
水分不足で血液が粘っている可能性有りだ。

水分が減ると、血液がドロドロになり循環が悪くなる。
血液の循環が悪くなるので酸素や栄養素の巡りも悪くなる。

その結果、
パフォーマンスが低下する。
けがをしやすくなる
疲労・体力の消耗
集中力の低下を引き起こしていくのだ。

体の水分量が1%前後低下すると、だんだんと始まっていくようだ。
だんだんと動きが鈍くなって、喉が渇いてくる。
喉が渇いてくるとすでに2%程度水分量が低下している。
パフォーマンスは低下しているのだが、自覚症状はない。

なんだかいつもと違う感じだなぁというときは、水分量が不足している可能性が大だ。

発汗などで失う水分量と人間の動きは連動している。
多くの水分を失えば失うほどパフォーマンスが悪くなる。
1%の水分量はというと、体重50kgの人の場合だと、500mlだ。


大事なのは、この喉が渇いたと感じるまえに、水分補給をすることだ。
喉が渇いてきたと感じるときには、すでにパフォーマンスの低下が始まっているのだから。

クレー射撃では、こまめに水分補給をして、体調を整えておくことだ。
 
 
 
※クレー射撃用イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!
スポンサーサイト

クレー射撃では重心が大事

クレー射撃のトラップの場合、構えてからクレーがどっちに向かって出るか分からない。

だから、左右正面どっちに出ても良いような重心の取り方をする。

右利きの場合、左足(軸足)7、右足3が一般的な重心だ。
つま先よりもアゴが前に出ないようにしたい。


気を抜いて撃っている時や、疲れが出てくると、
発射後体重が後ろに乗ることがある。
7:3が3:7とか、ひどい時には1:9なんてことも。

さすがに、ベテランの皆さんはそこまでということはないだろうが、
7:3が6:4や5:5くらいになることはあると思う。


これは、ヘッドアップが原因だ。
頭の頂点の位置を変えないで撃つことができれば、最初の重心バランスを維持することができる。発射に対する衝撃にも十分耐えることができるのた。


この頭の頂点の位置を変えない上へのスイングができないと、バランス的に、上体を後ろに頭半分くらい下げる形でスイングすることになるので、重心が後ろに移動してしまうのだ。


垂直におりていた軸が、後ろに傾くことになる。
当然左右のスイングに対しても軸がずれているので、正しい狙いができなくなるのだ。


また、このちょっとした軸の後傾によって、銃床から顔が離れてしまうことにつながる。
そして概ねクレーの随分上を撃っていることになる。
構えた時と発射の時とで、目の位置が違うので、そうなるのだ。


頭の頂点の位置を変えない上へのスイングができると、ヘッドアップの弊害も、悪い意味での重心移動(スウェー)の弊害も解決できるのではないかな。
 
 
 
※クレー射撃用イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!

集中して撃つことがクレー射撃には大事


元陸上選手の為末さん曰く、

「失敗を恐れず、他者の目を気にしないで、今この瞬間に集中するとこでZONEに入りやすいのではないか。会場のお客さんに期待される重圧に押しつぶされるのではなく、その期待されているパワーに上手く自分を乗せる感覚」と。


ZONEとは、スポーツ選手が、極度の集中状態にあり、他の思考や感情を忘れてしまうほど、競技に没頭しているような状態を体験する特殊な感覚のことだそうだ。

詳しく知りたい人はググってみて。



「外れたらどうしよう、この試合に負けたらどうなるんだろう」
「中らないとかっこ悪いなぁ」なんて不安になったり、緊張したり、判断に迷ったりすると、いつもと同じ適切な動きをすることができなくなるのだ。


そしてミスを誘発するのだ。


この不安や緊張がよけいな情報処理を引き起こし、いつもと違う、なんでと思うような動きをしてしまうのだ。
だから、
「失敗を恐れず、他者の目を気にしないで、集中する」
ということがクレー射撃では大事なのだ。


そして集中力を支えるのは脳や気力だけではない。
集中力は実は体力が資本なのだ。
集中にはものすごくエネルギーを使うのだ。


将棋の羽生善治さんは重要な対局ともなると体重が3キロも減るといっている。
それくらいエネルギーを使っているのだ。

クレー射撃は体力的には大変なスポーツではないかもしれない。
しかし、ココ一番の勝負の時には4ラウンド撃つとヘトヘトになるのは、集中するために体力を消耗しているからだ。

友人と楽しみながら撃ったり、だらっとした練習だと8ラウンドしても何ともないんだけど。。


だから、4ラウンドを集中して撃ち続けられる体力をつけよう。
 
 
 
※クレー射撃用イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!

クレー射撃には自分のリズムが大事だ!

イチロー選手は、ネクストバッターサークルからバッターボックスに入り、バットを振るまで、いつも同じ動作に徹していると言われる。
これは、同じリズムを作ることで心身ともに自分の型を作っていくという「ルーティン」という手段。



例えば、自分が3番射台にいる場合。
2番射台の射手の番までは、リラックスして待つ。銃口は自分のシューズにセットしたプロテクター上に置き、グリップの位置を決めて、2番射台の射手が撃ち終わるのを静かに待つ。
2番射台の射手が撃ち終わったら、一気に集中し、静かに銃を持ち上げ、機関部を閉じ、深呼吸してから肩付け、頬付け・・・・と同じ動作で進めていく。



それを自分にとって、一番撃ちやすいリズムで(当然、ルールの10秒以内)撃つことが肝心です。
そしてそのリズムは何時も同じリズムで行うのです。
自分の番が来てから発射までいつも同じリズムで撃てることが大切です。




試合で緊張しているとき、何時もと違う射場で撃つとき等、いつものリズムが崩れてしまうと、射撃がバラバラになってしまうことがある。


5番射台から6番へ移動するときなども、焦って移動しないことです。
自分のリズムで堂々と歩くこと。
ここで焦って移動すると、なぜか撃つ時も焦ってしまうのです。



自分のリズムを作り、そのリズムを崩さないで撃てるように、練習を。




そしてリズムは、銃を据銃してから撃つまでも大事だ。
据銃をする。コールする。クレーを発見。クレーを認識。銃を振り出し、引き金を引く。



何時もとちょっと調子が違うとか調子が悪いって時は、
自分のリズムがバラバラになってないか確認してみてください。
 
 
 
※クレー射撃用イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!

50個(2箱)入れのトラップバッグか75個(3箱)入れのトラップバッグか。


50個(2箱)入れのトラップバッグか75個(3箱)入れのトラップバッグか。

どっちを使ったらいいんでしょう。
どっちでもいいんですけどね。
S7200_P3.jpg


トラップ射撃は全てのクレーに二の矢を掛けたとすると、最大で50個消費します。
不発や撃ち直しがなかったとして。

したがって、50個(2箱)入れのトラップバッグで充分なのですが。

1ラウンドが終わると、次のラウンドの準備のために、残った弾の入っている箱をバッグから取り出して、新たに50個(2箱)入れます。

Bクラス以上の射手だと、残った弾は18個近くあります。
だからと言って25個(1箱)だけの補充では不安が残ります。
射撃には余計な不安は禁物ですから、当然この残った弾の入っている箱は、25個入っている箱と入れ替えます。


このとき50個(2箱)入れのトラップバッグではなくて、75個(3箱)入れのトラップバッグではどうでしょうか。

バッグの中には、使っていない25個(1箱)と18個くらいの残弾です。
そこに25個(1箱)補充するだけで済みますね。

そして次のラウンドが終わる。
おそらくまた18個近くの残弾です。
トラップバッグの中にはいくつ弾が残っているでしょうか。
前回のラウンドで残った1箱(18個)と今回のラウンドで残った1箱(18個)の計2箱(36個)です。
これを1箱(25個)にまとめて、余りを二の矢用に左ポケットに入れます。
そしてトラップバッグには50個(2箱)補充します。

というように使い回していくと、75個(3箱)入れのトラップバッグの方が使い勝手がいいような気がします。

1箱(25個)余分に持って歩くと重いという勝手の悪さは、棚に上げて論じました。
 
 
 
※クレー射撃用イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!

あと何回(何枚)撃つんだかわかんなくなっちゃうとき

あと何回(何枚)撃つんだかわかんなくなっちゃうことありませんか。

先日、試合中にちょうど20枚撃った時に、終わりと勘違いして射面から出て来てしまった人がいました。

スコアボードを見ていれば、そんな間違いはないはずなんですけど。

だけど、自分らしい撃ち方が出来なくなるから、スコアボードは見ないって人も多いですね。

ボードを見ちゃうと、つい点数が気になって、一枚一枚を大事に撃つことよりもあと何点打たなきゃとか、このまま行けば何点だ、なんて考えちゃう。
だからボードを見ないって。

スキートのように1番射台から8番射台まで回って終わるなら分かりやすいんだけど。

そこで今回お伝えしたいのは、残り枚数を弾の数で数える方法です。
今さらって思う人は読み飛ばしてくださいね。

先ず射台に25個入りの箱を2箱持って行きます。一箱は初矢用の25個。
そしてもう一箱は二の矢及び不発や撃ち直し用です。

射台に立ったら、右のポケットに初矢用の箱から5個入れます。1番射台から5番射台までの一周分の5個です。
そして左のポケットに二の矢用の箱から5個+アルファ。
これは1番射台から5番射台までの二の矢の最大数+1ラウンド目であれば試射用、そして不発に備えての+アルファです。
Bクラス以上の射手であれば、+アルファは不用かもですね。

順番が来たら、右のポケットから一つ取り出し初矢の薬室に。
左のポケットから一つ取り出し二の矢の薬室に入れます。

撃ち終わり、初矢のみで撃破なら、余った二の矢用の弾は左ポケットに戻します。

これを各射台で繰り返します。
一周してスタート時の射台に戻って来たら、ちょうど右ポケットは空になっていますから、初矢用の箱からまた5個取り出して右ポケットに補充します。
左ポケットは、二の矢を撃った分あるいは不発などで使った分だけ減っているので、全部で5個になるように補充します。

この繰り返しを行なっていくと、初矢用の箱に残っている弾の数で、残りのクレーの数が分かります。

ねっ、分かりやすいでしょ。
こんな事を教えてくれる先輩も、最近では少なくなってしまいました。
 
 
 
※クレー射撃用イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!

クレーにぶつけていくイメージで撃つ


調子の悪い時に、引き金を引くタイミングが遅くなってることってないですか?

なかなか自分ではわからないかもしれません。
わかっていれば中りますからね。
一緒に撃っている友人等に見てもらうとわかりますよ。

当てたいがために狙いすぎて、撃つタイミングが遅くなっているんです。


クレーが飛び出す。
クレーに向けて銃を振り出す。
そして、追い越しざまに撃つ!!
というのが普段の時ですね。


ところが、調子の悪い時や、
当てなければいけないというプレッシャーが大きい時。

そんな時は、
クレーが飛び出す。
そしてクレーに向けて銃を振る。

ここまでは変わらないんですが、

そして、クレーを一生懸命見て、追いかけて、撃つ!!


クレーを一生懸命見て追いかけているので、いつもよりタイミングが遅くなっているんです。
その時はきっと、クレーと照星は同じスピードで動いているはずです。
だから結果的にクレーの後ろを撃ってしまい、失中する。


原因は、中てがいがために気持ちが守りに入っている、
あるいは慎重になりすぎているということです。

射撃は攻めていかないといけませんね。


中ってない時は、良く狙って、クレーを良く見て、追いかけて撃たないと怖いんです。
しかし、それでは中らない。クレーを追い越せていませんから。
さらに、よく見てしまう。
撃つタイミングがどんどん遅くなってしまう。という負のスパイラルです。


少し考え方を変えましょう。
「クレーを追い越しざまに撃つ」から
「クレーにぶつけていくイメージで撃つ」に。


「クレーにぶつけていく」というのは、かなり思い切りが必要です。
中るか中らないか怖いです。
しかし、どうせ中らないんなら思い切りよく、攻めていくべき。
その方が中ります。


ちょっと調子が悪くてタイミングが遅いなって時や、
クレーを狙ってしまっている時は思い出してください。


グレーにぶつけていくイメージを!


20150911_002.png

20150911_01.png
 
 
 
※クレー射撃用イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!

上手くなる道


もっと上手くなりたい?

そのために、毎日積み重ねるようなこと何かしてるます?

射場で撃つことが、経済的に、あるいは時間的に厳しいのなら、射場じゃなくても出来ることを、毎日毎日積み重ねるようにする事です。

DSC_0115.jpg


・「据銃練習」
・「シャドウスイング」
・「目の使い方の練習」
等、何でもいいと思う。

射撃のために、毎日30分でいいから自分で決めて積み重ねていく事が大事です。

銃を毎日構えることで、射撃に必要な筋肉がついてきます。
1日8ラウンドを疲れなく撃てるだけの筋力と体力がついてきます。

それが自分の自信につながって行きます。

体調不良で、どうしても身体を動かせないような時は、ISSFの試合のビデオ鑑賞でもいいと思うんです。
イメージトレーニングになります。
YouTubeでいくらでも見ることができます。

20150905_02.jpg



風邪や病気のときは無理せずに、早く休んで翌日から頑張ればいい。

「最低でも週に二回は射場に通い撃っている」
そういう人がたくさんいる中で、月に一回か二回しか撃たない人が、自分に甘かったり、毎日続けられなかったりして、それでも上手くなれる程、甘くはないですよね。

ともかく毎日積み重ねるようなことをしていく事が、
上手くなる道です。
 
 
 
※クレー射撃用イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!

スポンサードリンク

Copyright © クレー射撃をおしゃれに楽しみたい All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。