クレー射撃をおしゃれに楽しみたい

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄砲を振ってしまう その2


もっとヤバい原因は、手振り。

両腕の三角形を崩さずに三角形のままスイングすることが大事だ。
しかし、三角形を崩して手で振ってしまい、銃がすっ飛んでしまう。
いわゆる鉄砲が走ってしまうのだ。


これも本来はクレーが早く見えているとか、
あたらなくて焦っているときとかに発症するのだ。


落ち着いて、正しく目を使えば、鉄砲が走ってしまうことなんて治ることなのだ。
しかし、その根本原因をに気づかずに別の方法で治そうとするのだ。


クレーが早く見えていること・視界が狭くなっていることに気づかないんだな。
だから、しつこいようだが、根本原因を治せば治るのに、なぜか今までにしたことのないような、ややこしいことをしたがるのだ。



たとえば、「銃がすっ飛んでいるのは、きっとせせこましく構えているからだ。もっとゆったりと構えてみよう。」なんて思い込む。
ゆったりと構えてるつもりで、右手の肘を思いっきり張り、左手は先台のうんと先の方を持つ。


今ままで、そんな構え方なんて、したことも教わったこともないのにだ。
そして、構え方が変わったりすると、ほんの少しの間だけは、目の使い方や、焦りがなくなって、少し中るんだな、これが。
しかし、しかしだ、実は構えが正しくないのだ。
だからすぐに中らなくなる。悪い方悪い方へ進んでいるのだ。



それでもまだ気づかないんだ。
そして、今度は高付けにしてみたりする。
高付けが悪いと言っているのではないので、誤解のないように。




普段、放出口の白線上に付けているのに、高付けにしてみる。
すると何時もと感じが違うので、何故か目の使い方が正しく戻り(戻ってることに本人は気付いていない)、焦りがなくなって、
少しの間は中るんだな。



この辺りで、目の使い方が間違っていたことに気付けば、意識して目の使い方を戻そうとするのだが・・・。




撃ち方を変えて、その撃ち方に意識が集中している間だけ、無意識に目の使い方が正しく戻っている。しかし、変えた撃ち方に少し慣れて、そっちに意識が集中しなくなると、中らないことやクレーが早く見えることに意識が集中して、また正しくクレーを見れなくなるんだ。




そうやって撃ち方を変えてみたりしているうちに、構え方が変わってしまうのだ。
そして、その結果が手振りだ。



構えを見直してみたらいい。

先台を持つ手が、本来の自分の構えよりも、ちょっと前に出ていたりすることが多い。


雑誌に、先台を持つ手の人差し指を、伸ばしてクレー方向に向けるといい、みたいなことが書いてあって、その通りにした途端に手振りになった初心者もいる。



一から十まで見直してみた方が良い。
射台に入ったら、まずスタンスがいつも通りか。
グリップはいつも通りか。
先台を持つ手の位置はいつも通りか。
肩付けの高さや位置はいつも通りか。
頬付けはいつも通りか。
銃口を置く位置はいつも通りか。
視線はいつも通りか。
照星の見え方はいつも通りか・・・・。



初心者の場合はいつも通りはできないと思うので、
教わった通りかに置き換えて考えると良いだろう。


このチェックをせずに、
構え方や狙い方を変えない方が良いのだ。


そして自宅で据銃・挙銃練習をする時に三角形を崩さないことを意識しながらスイング練習をしましょう。







人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

シューティンググラス(サングラス) その2


ある時、ある射手から言われたんです。
そのときは、グッチの細いサングラスをしていたんだけど。
「そのサングラスだと、構えた時にフレームが目にかかりませんか?
よく撃てますね」って。

gucci.jpg



ん・・・? フレームが目にかかりませんか?
んんん・・・。



若干・・・かかる。
ってか、いままでのサングラスはみんなフレームが目にかかっていたような気がする。



あっ、それでか・・・。
射撃用のサングラスって、レンズ玉がやたらでかいよね。
そして、ノーズパッドの位置が低くて、レンズの上端が眉より上の方にあるような感じがするのは。
顎を引いて構えた時にも目にフレームがかからないようになっているのね。
(今更何を言っているのか・・・。)

sunglass.jpg


それから、改めていろいろと調べてみましたよ。


実は何のために使うのか。

・紫外線、クレーの破片などからの目を保護する。

 まあこれはね、一応分かっているつもり。


・レンズのカラーによってクレーを見やすくします。


 えっ??
 どういうこと??
 これについてはもう少し調べるか。


どんなのがいいのか。


・テンプル(つる)が細くて、イヤーマフをかけたときに邪魔にならないものがいい。


 ああ、確かにそうだ!
 
 レイバンは問題なかったけど、ファッションブランドのものはテンプルが太いのが多くて、イヤーマフがしっくりこなかったなぁ。痛かったものもあった。
 だからそんなときはイヤーマフじゃなくて、イヤープラグを使ってたんだ。
 


・構えた時に上方視界の良いものがいい。


 おお、これか。あの射手に言われたのは。
sunglass02.jpg

 たしかに自分の持ってるサングラスはみんなフレームが目にかかってしまい、上方視界が良くなかったよね、
 


・ノーズパッドを動かすことで、レンズの上下位置を調整できるものがいい。


 へえぇ、そんなことができるのがあるんだ・・・。


なるほど・・・・。
射撃用には射撃用のメリットがちゃんとあるのね。

ふぅ〜ん。


ってことは、やっぱりファッションブランドのサングラスではあんまりうまくないってことか。
なんだよ・・・。
かっこいいと思ってたのに、チョーかっこ悪いじゃん。



やっぱりスポーツなんだな。
スポーツには、そのスポーツにあったグッズ・ツールがあるってことだ。



ってことで、皆さん、射撃には射撃に適したシューティンググラスがあるのです。
いろんなメーカー、ブランド、種類があるのでじっくり探して、自分の感性にピッタリのものを使いましょう!!


レンズカラーの効能はまた次回に。











人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村

シューティンググラス(サングラス)


射撃を始めた頃、何故かデコットなどのシューティンググラスがあまりかっこ良く見えなかったんだよね。
ファッショナブルじゃないというか。
その割にプライスが高いという・・・。

decot.png


だから、まったく射撃と関係ないメーカーのサングラスを使っていたね。
ファッションブランドのサングラスだったり、スポーツメーカーのサングラスだったり。
でも主に使っていたのは、ファッションブランドのサングラスだね。
rudyProject.jpg

gucci.jpg


今から思うと、射撃にはまったく合っていない。
そして、今だから思えるのだが、全く射撃用としてはかっこ良くないんだ。




眩しさやクレーの破片から目を守るため。とは聞いたことがあったのでサングラスは必要だとは思ってはいたんだけど。
でもね、「トラップの射手はクレーの破片なんて飛んでくるわけないじゃん」とも思っていた。
ところが、ある射場で、隣のスキート射面から破片がバンバン飛んでくることがあってね、やはり目を守るためには必要だと思った。



レイバンの小さめの丸いレンズで、ディープカラーのサングラスを使っていた時。
正面はディープカラーなのだが、サイドから眩しいくらい光が入ってくる。
なので、手作りのサイドバイザーを作って挟み込んでみた。

レイバンサングラス丸




15点そこそこしか撃てない射手が、売れないフォーク歌手のような丸いレンズのサングラスで、サイドバイザーつけて射撃をしている姿を想像してみてください。
かっこ悪いでしょ。
ああ、恥ずかしい!!


そしてある時。。。。続きはまたね。











人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村

鉄砲を振ってしまう。

鉄砲が走ってしまう。
その結果、クレーよりも銃身が先に行ってしまい、
初矢はなんとか追い抜き際に撃てるのだけど、二の矢は遥か先に銃身が行っているので、
待ってしまったり、撃てなかったり。
こんなことないですか。

ためて撃てとか、仮想の虹を描いて、その虹を超えてから動き始めろ、なんて言われる。
なかなかできないよね。
だってクレーが出たら反応してしまうんだから。

なぜ、鉄砲が走ってしまうのか。
なぜビューッとクレーよりも先に行ってしまうのか。





そんな時の私の解決法。




クレーが早く見えていることが原因のひとつなのだ。
クレーが早く見えてしまうので、遅れてはならないと銃を早く振ってしまうことによる。


クレーが早く見えた次の射順から影響が出始める。
次の射順が回って来た時、前の射台でクレーが早く見えていたので、
放出されたクレーが視界に入ったとたんに銃を振ってしまうのだ。
こうなると、もうクレーに追いついたと同時に引き金を引くなんてことはできない。
初矢の引き金を引いた時には、銃は既にクレーを追い越していて、当然失中する。



ここで、銃のスイングに勢いがついていると更に銃口は先に行っているので、二の矢を引くことができないで見逃して失中。あるいは、銃口を止めてクレーを待って二の矢を撃つことになる。
当然、銃口を止めているので、クレーと銃口が重なった時に二の矢を引いても、クレーは先に行ってしまい失中する。





クレーが早く見えるってことは、目の使い方が何時もとは違っていることによる。
当てたい意識が強い、外したくない意識が強い、慎重に撃ちたいなどで、ついついクレーの放出口近くを凝視してしまうのだ。

もっと視野を広く、遠くに焦点を合わせて漠然と見ることで解消できる。
そうやって視野を広くして見ていると、視野の中でクレーを発見し、認識することができるからだ。

中らない時は遠くを見ていると怖いので、だんだん放出口近くに視点・焦点が落ちて、視野が狭くなる。必然的に、クレーが早く見えてしまうということだ。




猟友会の先輩方がよく仰ること。
「クレーが遅いから鉄砲が先にいっちゃって中んねぇよぉ」って。
でも、公式の早いクレーだったらもっと中んないですよ。
クレーが遅いから鉄砲が先いってるんじゃなくて、前述したように、
クレーが早く見えて、鉄砲が走ってしまうんだから。
 
 
 
※イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!

スポンサードリンク

Copyright © クレー射撃をおしゃれに楽しみたい All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。