ヘッドアップなど、クレー射撃をおしゃれに楽しみたい

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドアップ その3


ヘッドアップに気付かない人がいる。
また、ヘッドアップがどうしても治らない人もいる。


今日は、ヘッドアップがどうしても治らない人向け。


過去に2つほど記事を書いた。

・頭の頂点の高さを変えないように意識する。上体を起こさない。
 そして、重心位置を変えないことと頭の高さを変えないように意識する。

・構えたときの頬付けの感覚を持ち続けること。頬を銃床から離さないと意識する。



これらをいつも意識できていれば、ヘッドアップをすることはない。
しかし、それでもヘッドアップしてしまう人。


頬付けの時、頬を銃床に横から付けていくというよりも、
銃床に頬を乗せてしまうという感覚がいい。

頭の重量を銃床に乗せてしまう感覚だ。

ストレートも左右のクレーも、銃床に頭を乗せたままスイングすること。

これができれば、目と照星の関係は動かない。



ただし、銃床に頭の重量をのせても、首回りの筋肉の緊張感は通常の頬付けと同じように持っていないと、発射の衝撃でむち打ちに近い筋肉痛になりますから気を付けて。



これで、今まで以上に中るようになるよ。
 
 
 
※クレー射撃用イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。




スポンサーサイト

ヘッドアップその2


もうひとつ、
構えたときの頬付けの感覚を撃ち終わるまで持ち続けること。
言い換えると頬を銃床から離さないと意識し続けること。

これは意識していないとできない。

引き金に関しては、「追い越しざまに撃つ」ってことは無意識でもできるんだけど、
ヘッドアップをする癖のある人は、頬付けの感覚をずっと持ち続けることは意識しないとできない。
それができればヘッドアップはしなくなる。

それどころか、今まで以上に中るようになるよ。
 
 
 
※イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!

ヘッドアップ



顔が上がってる。

いろんな原因がある。一概にこうすれば良いとは言えない。
だから、結局言葉にすると、顔が上がっているとかヘッドアップって言う。



ヘッドアップをしないコツとは、頭の頂点の高さを変えないと意識すること。
上体を起こさないこと。


いつもの位置で構える。
左でも、右でも、そして真っすぐでも、高低の差はあるがクレーは必ず放出口から上昇する。
上昇するクレーを追う時に、体を起こしてしまわないこと。

体を起こさずに上昇するクレーを追うことは難しいような気がするのだが、重心位置を変えないことと頭の高さを変えないことを意識するといい。
 
 
 
※イヤープロテクターのサイト
「射撃のイヤーマフと耳栓 」
最もリーズナブルなプライスで販売されているショップにリンクしています。

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

射撃競技 ブログランキングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ 射撃へ
にほんブログ村
 
 
 
射撃ゲームのように気軽に、そしておしゃれにクレー射撃を楽しもう!

スポンサードリンク

Copyright © クレー射撃をおしゃれに楽しみたい All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。